BIOGRAPHY


 

 

宮崎大祐  Daisuke Miyazaki

  

生年月日: 1980年1月16日 Date of Birth: 1/16/1980

 

出身地: 神奈川県横浜市

Place of Birth:Yokohama, Japan

 

 

 

 

 

1980年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、マーティン・スコセッシやジム・ジャームッシュを輩出し、世界最高の映画教育機関の一つとされるニューヨーク大学映画学部主催で開かれたKUT映画祭'04にて10th Room(04)がグランプリ(C・チョイNYU大学院長賞)を受賞。この後、自分の制作の傍ら、黒沢清監督作品など商業映画の現場に助監督として参加しはじめる。2011年に初の長編作品『夜が終わる場所』を監督。南米最大であるサンパウロ国際映画祭やモントリオール・ヌーボーシネマ国際映画祭に出品され、トロント新世代映画祭では特別賞を受賞する。2012年秋に渋谷ユーロスペースで行われた国内初公開では、のべ三週にわたり、個人での宣伝配給作品としては異例の記録的動員数を達成。公開中は連日異業種のゲストやアーティストを招き、即興ライブやイベントを行い、「映画館」という場所の従来のイメージを更新するまったく新しい興行スタイルを提示したとして大きな話題となった。翌2013年にはイギリスのレインダンス国際映画祭が選定する「今注目すべき七人の日本人インディペンデント映画監督」のうちの一人に選ばれ、2014年には実に4年ぶりの日本人としてベルリン国際映画祭のタレント部門に招待された。その年に参加したアジア四ヶ国によるオムニバス映画『5 TO 9』は、中華圏のアカデミー賞こと台北金馬国際影展など多数の国際映画祭に出品される。最新作『大和(カリフォルニア)』はNew York TimesやVariety、Hollywood Reporterなど著名海外メディアでも取り上げられ、公開待機中である。なお脚本家としても活動しており、代表作には筒井武文監督作品『孤独な惑星』('10)などがある。

 

Daisuke Miyazaki was born in 1980 in Yokohama. After graduating from Waseda University, he participated in the summer school of New York University which took place in Japan. His thesis “THE 10TH ROOM” won the Grand-Prix there. After working as a production designer assistant in Leos Carax’s film “MERDE” (2008), he started his carrier as an assistant director and worked for directors such as Kiyoshi Kurosawa. In 2011, he made his first feature film, “END OF THE NIGHT”. This film was officially selected for numerous international film festivals and won the Special Mention Prize at the TORONTO SHINSEDAI CINEMA FESTIVAL. The theatrical distribution of "END OF THE NIGHT" in Japan turned out to be a massive hit. After being selected as the "7 Japanese Independent Film Directors You Must Check Out" by Raindance Film Festival in 2013, Miyazaki was selected for the Berlinale Talent. His film “5TO9” which he produced and directed the Japanese segment with Berlinale Talent colleagues, world premiered at Taipei Golden Horse Film Festival in 2015 and went to numerous international film festivals after that. His recent 2nd feature film "Yamato (California)" got a good review by internationally known medias such as New York Times and Variety, Hollywood Reporter.